スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ

-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
種類によるにゃんこの性格
2010 / 12 / 04 ( Sat )
私は週に2回ほどにゃんこブリーダーのところでバイトをしています。
猫舎の掃除、にゃんこのブラッシングに爪切り、投薬などが主な仕事。

そんな生活がもうすぐ終わろうとしています。。。


そこの社長がもうだいぶお年なのですが、体調不良もあって娘さんの家へ引っ越すことになりました。
そこで、お店をたたむ決心をしたそうです。

もちろん、今いるにゃんこ達は知人のブリーダーさん宅への引き取りも決まり、残りの数匹は娘さんの家へ連れていくとのこと。みなさんご安心を

そんなわけで、なかなかご紹介できなかったにゃんこたちを一斉放出しちゃいます。

赤ちゃんがいたり、繁殖のための隔離をしているため、狭い所に入れられていますが、お散歩好きなにゃんこはお掃除の間、お部屋内をうろうろ遊んでいたりしていたのでご安心ください


ではでは、、まずは

ブリティッシュ

ブリティッシュショートヘアー

もっとほっぺが下がり、ふてぶてしい顔つきになる子もいます。
性格はいたって大人しく、あまり活発な印象は受けません。
でも頑固な一面もあり、人と一定の距離をおいているような気がします。
太りやすいので注意が必要。

似た猫種でエキゾチックショートヘアーもいます。
現在はもう他の場所へ行ってしまったため、写真はないのですが、ご興味があれば探してみてください。

エキゾチックも性格は似ていますが、ほっぺも垂れ下り、鼻も低いため犬でいうところのパグのように、しわに汚れがたまりやすくなります。
毎日お手入れをしてあげられるご家庭むきですね。。


スコティッシュ

スコティッシュフォールドの子供

垂れ耳の猫として有名ですが、ブリーディングはなかなか難しいです。
というのも、垂れ耳と垂れ耳の親同士をかけてはいけないという決まりがあります。
なので、赤ちゃんが全部垂れ耳となる確率はとても低い。
つまり、立ち耳のスコティッシュはかなり生まれているのです。

“誰にでも飼える猫”の代表格と言われており、活発過ぎず、大人し過ぎず、さほど頑固でもなく。。。
ようは、猫っぽくない猫といえるかもしれませんね。。

難点は、耳掃除が大変なこと。垂れ耳な上に耳が小さいんです。
だから耳の中が汚れると、拭いてあげるのがとても難しいです。犬みたいに毛がはえることはないですけどね。
(写真の子は耳が大きいです。ショー的にいうと“いい猫”ではない部類です


アメリカン

アメリカンショートヘアーの子供

一時流行りましたね。
活発な猫として有名でしょうか?

実際は? 特に活発とはいえないかも。
というのも、アメショは“ハンター”と言われています。
何か獲物(猫じゃらしでもOK)を見つけると、そこに夢中になってじゃれるというわけです。
なので、特に獲物がなければ大人しい猫です。

カラーバリエーションは写真のような白黒のマーブル模様か、赤白のマーブル模様が有名ですが、
実は数十種類とも数百種類とも言われています。
・・・もうこうなると、世の中のよく分からないにゃんこはみんなアメショーなんじゃないかと思えてきます。
他のカラーバリエーションの子はどこにいるんでしょうね?



長くなるので続きます・・・


人気ブログランキングへ

12 : 22 | 猫ねこネコ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
リーのデート?!
2010 / 11 / 30 ( Tue )
最近はじめたMIXIで知り合いになった犬友さんと
わんこ同士を遊ばせたいね♪という思いから、めでたくデート計画を実施しました

我が家からは“グローネンダールのリー”、付き人には“ポメラニアンのマユ”を選抜。




いざっ!













・・・・・・・・・



どっちがリーか分かりますか?
影じゃないですよ?

デートのお相手も“グローネンダール”ちゃんなんです♪

お名前はエヴァちゃん。

リーとは同じくらいの年なので、最初は兄妹か?と期待したのですが、出身が違ってました



上の写真、リーは右側。男の子なので気持ち大きいです。。。

とはいっても大型犬。
マユと並んでもらうと・・・



やっぱり大きいですかね


最初、待ち合わせの段階ではエヴァちゃんはものすごく吠えていました。

飼い主さんもとっても気にしていて、「こんなんじゃ他の犬と遊ばせられない…」と言っていたのですが、
ブリーダーさんのお家で放したときは全然吠えたりしなかった。。
というお話を聞いて、

「リードのせいだな!」とピ~ンと来ました


そのまま広場へ行って、飼い主さんの心配をよそに、「大丈夫だから放してみてください!」とお願いしてみました。
おそるおそる放してみると、やっぱり吠えることもなく、まぁ突進してくることもなく・・・


飼い主さんがリードを持っている散歩中に吠えるタイプのわんちゃんは、リードを放してしまえばとたんに大人しくなることがほとんどです。

散歩中にすごく吠えるから、他の人に迷惑かも・・・と遠慮して、誰もいない時間に散歩に行ったり、ドッグランにも行ったことがないという方、以外と多いようですね。

でも、攻撃性が無いなら、むしろ他のわんちゃんとちゃんと遊ばせてあげるほうがいいです。


今回のように、ものすごく広い場所!っていうのもポイントになると思います。

滅多に行かない広い場所は、なんとなく緊張することがあるので、攻撃性を少し抑えられる気がします。
(最初のうちだけですけどね^^;)


それから大事なのは距離感。


吠える距離っていうのがそれぞれ違うのです。

リードをしている状態で、他のわんこを見つけても、吠えるときと吠えないときがあるはず。
もちろん、何か相性的なものを察しての場合もあるようですが、「自分にとって安心できる距離」というのがそれぞれのわんちゃんには備わっています。
これはリードを放していても同じ場合がありますね。
その距離に来ると吠える。

吠えさせないためには、その距離を保ってあげることなのですが、この距離は慣れによって変化します。
同じ経験をすればするほど距離が縮まるというわけです。

でも、吠えたときに相手が引き返してしまったらちょっとまずいですね。
「吠えたら逃げていくんだ!」と覚えてしまったら、よけいひどくなってしまいます。
できれば、すれ違うくらいはしてあげたいところ。。。


他のわんちゃんに対しての行動を躾けるには、攻撃性の低いわんちゃんの協力が不可欠になりますが、なかなか頼みづらいですし、現実的には難しいんですよね。。

何かそういうのに協力してくれる団体ってないんでしょうか?
(訓練所じゃなくて・・・)









ともあれ、マユでさえも怖がっていたエヴァちゃんでしたが、1時間も近くにいれば、



こんな写真だって撮ることができました


一緒に走り回ってみたり、嫌がってみたり、疲れた~って横に寝てしまったり・・・

初対面であれだけ吠えていたわんちゃんでも、1時間も経てば前からの友達のようになれるって、わんこ同士もなかなかすごいですよね
人気ブログランキングへ

12 : 15 | ベルジアン・シェパード | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
New Open!!
2010 / 11 / 12 ( Fri )
お久しぶりでございます

今まではシャンプーなどのケア主体でやってきた「Mayupuri's Room」ですが、心機一転トリミングサロンRitoruとして生まれ変わりました

「カットは出来ませんか?」とのお問い合わせも多くあったため、今年学校に再入学しトリミングB級の認定を取得したのを機に、本格的にトリミングサロンとして始動いたします。

HPは現在作成中。。市や税務署などにも開業届を提出しなければならないなど、やることがたくさんあって毎日あたふたしております。





めっきり寒くなりましたが、皆様風邪など大丈夫ですか?
私、若干鼻がジュルジュルしておりますが、、秋花粉かなぁ~~

とはいえ、神奈川県はまだ晴れた日に蚊が飛んでたりしてびっくりします。
フィラリアのお薬、12月まであげる必要がありそうですね。。

フィラリアのお薬は蚊を見かけなくなってから1ヶ月後まであげるのが理想。
最後の1回、忘れずに予防してあげてくださいね

にゃんず4
にゃんず4参上

人気ブログランキングへ

08 : 54 | その他 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。