スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ

-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
不妊手術
2010 / 09 / 09 ( Thu )
ブログをお休みしている間にライムを避妊手術したのはちょこっとお話しましたね

ライムはにゃんこなので少し違いますが、今日はわんこの不妊手術におけるメリット、デメリットについてです。。

・・・・難しそうな話題だ





オスもメスもそれぞれ手術をすると病気にかかりにくくなる、かからないなどのメリットがあることは有名です。
具体的には、オスでは肛門周囲腺腫になりにくくなりメスでは乳がんになりにくくなったり、子宮についての病気にはかからなくなります

もう1つ有名なメリットといえば、“大人しくなる”というもの。

このお話には賛否両論ありますね。
大人な部分をとってしまうので、わんこは子供に戻って甘えん坊になるとか思われがちです。
確かに大人しくなるわんこもいますが、その逆で“凶暴になる”こもいることをご存じでしょうか?

その理由として考えられているのが、「ホルモンバランスが崩れるため」です。


みなさんのところへ来たわんこは早くても生後1か月半くらいだと思います。
一番の成長期ですね。
この成長期にホルモンバランスを崩してしまうことは、成長になんらかの影響を与えると考えられています。
極端な話だと、骨格に問題が起こることもあるとか…

そして、大人しかったわんこを去勢したら凶暴になったという精神的な影響もしばしばあるそうです。


「手術は早い方がいい!」 というのはどこから出た噂なのか? 

もし手術をお考えなら、なるべく成長期を終えてから(生後1歳~)の手術をおすすめします。。

そらとぶライム^^


スポンサーサイト
人気ブログランキングへ

11 : 05 | わんにゃん | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<男の子って… | ホーム | 整えました>>
コメント
* Re: タイトルなし *

momsaさんへ

> ♀の場合1回目のヒート前に手術をした場合に病気の罹患率が一番低い

なるほど、そうなんですか…
詳しくコメントいただいて、momsaさんありがとうv-238

ただ、1回目のヒートも個体差があるのでこれまた難しいですね~
ほぼ8カ月くらいとされていますが、半年とかできちゃうこもいるし…

それでも、momsaさんのところのお医者さんのように、詳しく教えてくれる病院だったら
いろんな意味で安心ですねv-22
by: らいもん * 2010/09/09 * 23:49 * URL [ 編集] | page top↑
*  *

メリット&デメリット考えて結局は飼い主が決めることなんですよね。
うちは2代ともに手術しました。
ドクターは安易に手術を勧める方ではなく何度も相談して最終決断は飼い主に委ねる方です。
その説明の中で統計データを見せて下さり、♀の場合1回目のヒート前に手術をした場合に病気の罹患率が一番低いという結果を知りました。
その後は時間とともに罹患率は緩やかに上昇していき、4歳を超えると罹患率は手術しない場合と殆ど変わりませんでした。
早過ぎるのも問題あるようですが、ある程度早い方が病気を回避する可能性が高くなるのも事実のようですよ。
さすがに1ヶ月半とか3ヶ月とかでってのはお医者様側でSTOPかけて欲しいですけどねv-392
by: momsa * 2010/09/09 * 23:30 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://groomingblog.blog105.fc2.com/tb.php/212-c7efbade
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。