FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ

-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
週末の楽しみ♪
2008 / 12 / 13 ( Sat )
大型犬のジュピターとリーは、普段庭でボール遊びをするのですが、
土日は公園かドッグランへ遊びに行くようにしています。

 ジュピターは、大きくなるまでペットショップにいたため、他の犬と遊ぶことが苦手です。
 見通しのいい広い場所もとても怖がって、せっかくロングリード(ただの長いヒモですが)をつけても、リードを伸ばせば伸ばすほど私にくっついて歩きます。

…といっても、これ(リードを長くすること)はひっぱりぐせのある仔をしつけるときに使う方法の1つなんですよねウフフ

 リードがついていることは、ある意味“何かあったらママ(飼い主)が助けてくれる”と思う安心感につながります。ですから、リードをつけていると他の犬に吠えるわんちゃんも、リードをはずすと飼い主の後ろに隠れたりすることがあります。
 ようするに、飼い主の側にいれば安心。リードの長さはまだ飼い主が近くにいるという安心感なわけです。

 ひっぱりぐせがある仔は、これをよくわかったうえでひっぱっているので、それを長~くしてしまうと、不安になって戻ってくるということなんですね ほっ

 戻ってきたら、いっぱいほめてあげましょう うわぁ・・・a

あ、でも、自立心の強い仔には逆効果になることがあるのでご注意を!
(ひとりでどこまでも先へ行ってしまうらしい…)


では、ジュピターに 「待て!」

待て!

「僕だって頑張ればこれくらいの距離は待てるのさ むん!

と、言いたいところですが、後ろ脚がプルプルしてます 笑


 でも、走っているときは怖いことも忘れてしまうようで、

ママしゃ~ん♪

超ダッシュ!!


 リーはというと、一緒に走ってくれるパパさんに集中です。

パパしゃん、まだ?

普段、リーもひっぱりぐせがありますが、ロングリードやノーリードにして走らせると、案外はなれていかず、私たちの周りをウロウロしているのです にこにこa
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ

22 : 48 | ベルジアン・シェパード | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<黒猫の縞模様 | ホーム | マユの過去。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://groomingblog.blog105.fc2.com/tb.php/21-d9857303
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。