スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ

-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ぷりんの手術
2009 / 05 / 01 ( Fri )
大変ご無沙汰なブログ更新です。

世の中はゴールデンウィークですね~。。
我が家の大黒柱もず~~~~っとお休みでお家にいることもあり、
ブログ更新が出来ない今日この頃・・・


この1週間の間に、遊びに来てくださっていた方々、ありがとうございます。。
また新しい月に変わったので、心機一転頑張れればなぁ~~~~とは思っておりますが、
お仕事を増やさなければいけない状況でもありまして、ゆるゆる更新となります。。。

ゆるゆるっと遊びに来ていただければ、私も嬉しく思います。。。。。



ではでは、、

タイトルに驚かれた方もいることでしょう!

そう、実は29日にぷりんが手術をしました。


ぷりん エリザベスで女王様でしゅ




その名も

避妊手術

(クリックで大きくなりますが、手術後の写真です。苦手な方はスルーしてください)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・汗


ぷりんはポメラニアンとしては完璧なスタンダード体系ですが、どちらかといえば小柄です。
ちょっとぽっちゃり系ではありますけど。。。

それでも、体重は2.5kg
子供を生むにはちょっと小さすぎるのです。
以前、一度妊娠したことがあるのですが、子供は1匹しかできなかったため、お腹の中で成長しすぎてしまって帝王切開になりました。

その時の子供は結局死産という形になってしまったため、ぷりんにはもう産ませる予定はありません。
チワワやポメラニアンなどの超小型犬の場合、帝王切開になってしまうことが多々あるといいます。
他にもブルドッグやパグなど、頭の大きなタイプの犬種も同様です。


ただでさえ体に負担が大きくかかる出産なのに、さらにお腹を切るというのは一大事です。

それをぷりんは一度経験しています。
なので、今回で2回目。
でも、もう次はありません。。


ぷりん ぷりん 頑張ったでしゅ



最近、ぷりんの“おりもの”が増えてきたこともちょっと気になっていたので、早めに手術して良かったと思います。
子宮も卵巣も摘出になるので、そこに関わる病気にはかからなくなりますし。

わんにゃんはこの子宮・卵巣・前立腺などなど、生殖器に関わる病気がとても多く発生します。
なので、子供を産ませる予定が無いのであれば、体力のある若いうちに手術を済ませてあげることが大事かなと思います。

当然、麻酔を使ったりしますから、リスクはあります。
人のエゴで不妊手術なんて・・・と思う方もたくさんいらっしゃいますが、逆に繁殖期に繁殖させてもらえないことへの欲求不満、つまり「本能を満たされないストレス」というのもあることも考えてほしいところですね。

それと同時に手術写真を見て「ひどい!」と思われる方もいると思います。(いろんな意味で)
手術させること、させないこと、どちらが正解かは私にはわかりませんが、飼い主様が真剣に考え、出した結論が一番正しいのだと私は思います。。




今回は麻酔をかけるついでに歯のスケーリングもお願いし、真っ白い歯になって帰ってきましたびっくり

他の、マユ、ジュピター、リーについては、私がスケラーで歯石除去することが出来るのですが、ぷりんはすでに歯肉炎が少々進んでしまって、前歯がグラグラっとする状態となってしまいました。
そこで、先生に一度スケーリングをお願いして、1から歯磨きをするようにしたのです。。

これから、歯磨きを頑張らねばですアップロードファイル


それから、目新しいポメカットにも挑戦!


ぷりん 流行を先取りでしゅ



足だけちょっとプードル風にカットしてみました。。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・

というのは冗談で、病院で点滴をするのに刈られてしまったところキレイに整えてみたのです笑

なんか靴下はいてるみたいで可愛いなぁ~と私は思っているのですが、旦那には

「変」



と言われ不評・・・・・。困り顔

そうかなぁ~~


変?




人気ブログランキング ← 「変だ!」と言う方はこちらへ(>。<)

にほんブログ村 犬ブログ 犬 多頭飼いへ ← 「可愛いじゃ~ん」と言う方はこちらへ(^-^)



ぷりん ぷりんは元気でしゅよ





追記:

オスの方が発情期にはストレスになると考えている方がいるようですが、それは逆です。
わんにゃんなど、ほとんどの哺乳類は相手を選ぶ権利を持っているのはメスです。
だから、メスが発情することによってオスが刺激を受けるので、近くに発情中のメスがいなければオスがストレスを感じるということはないはずです。

逆に、メスは理想のオスが近づいてくるのを発情中ずっと待っていなければならないので、ストレスとなります。 勘違いしやすいところですが、人とは(日本人とは?)違うんですよ~というお話でした。。

スポンサーサイト
人気ブログランキングへ

14 : 09 | ポメラニアン | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<わんにゃんハウス(外)に春が来た | ホーム | 猫草のその後・・・>>
コメント
* Re: タイトルなし *

☆Booさんへ

ご無沙汰でした!!(*^.^*)

> Booも今 避妊について真剣に悩んでいます
ブログ記事でも拝見しました。。
私も悩んで、とうとう4歳のぷりんに手術という結論になってしまいました。。
手術後の写真はご覧になったでしょうか?
記事にも書いたように、以前にも一度私はこの状況を見たことがあるので、
やっぱり躊躇しましたよね。
この小さい体で点滴を受けて、うずくまっているぷりんを目の当たりにする・・・
結構キツイです。。。

ただ、子宮・卵巣に関わる病気にはもうならないので、少なくともまた手術をすることに
なるようなリスクは確実に減ったはず。
病気自体はほかにもたくさんあるので、すべての可能性を消すことはできませんが、
我が家で出来る最善の予防策であったとは思っています。

ハゲない程度に悩んで結論を出して下さいね。(^^;)
早いほうがいいとはいっても、そこまで急がなくても大丈夫ですよ♪

by: らいもん * 2009/05/02 * 10:59 * URL [ 編集] | page top↑
*  *

らいもんさん おはようございます
ご無沙汰しています (〃⌒ー⌒〃)

ぷりんちゃん避妊したのですね
Booも今 避妊について真剣に悩んでいます
悩んで 悩んで 頭がハゲそうです(笑)

らいもんさんの意見を参考に
もう一度 じっくり考えてみます

ぷりんちゃん お疲れ様^^
ゆっくり休んでね
by: Boo * 2009/05/02 * 05:33 * URL [ 編集] | page top↑
* Re: タイトルなし *

☆いろはさんへ

> ぷりんちゃんの足、可愛かったので多頭飼いにポチっとしますー!
ありがとうございま~す(*^.^*)エヘッ
やっぱりね~
かなり斬新なデザインですよね♪

> 病気のリスクを考えると、こどもを生む予定がなかったら、
> やっぱり早くにって思いますよね。
そうですね。
手術自体も体力がないと危険度も増すわけですしね。。
うちのにゃんこ(ライム)が1匹まだなので、ちょっと焦り気味です_(^^;)ツ

by: らいもん * 2009/05/02 * 00:07 * URL [ 編集] | page top↑
* Re: タイトルなし *

☆はるさんへ

お仕事中にコメントいただいてありがとうございます(*^.^*)エヘッ
ご無沙汰してしまって。。。

ぷりんの足、可愛いですよね♪ね♪
でも両足やる勇気が持てないのは何故でしょう(?_?)

by: らいもん * 2009/05/02 * 00:02 * URL [ 編集] | page top↑
*  *

ぷりんちゃん、がんばりましたね!
ぷりんちゃんの足、可愛かったので
多頭飼いにポチっとしますー!

うちのにゃんも避妊手術済みです。
病気のリスクを考えると、こどもを生む予定がなかったら、
やっぱり早くにって思いますよね。
by: いろは * 2009/05/01 * 20:29 * URL [ 編集] | page top↑
*  *

らいもんさん、こんにちは!ご無沙汰です。
お忙しそうですね。

ぷりんちゃん、お疲れさまでした。
あし、かわいいぞ!!!!

(仕事、さぼりつつのCMでした)
by: 捨て猫だった まめとこのはる * 2009/05/01 * 14:19 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://groomingblog.blog105.fc2.com/tb.php/126-b28f734f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。