スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ

-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
男の子って…
2010 / 09 / 17 ( Fri )
実は、学校卒業した今もちょくちょく行って2頭~3頭のカットをやらせてもらっています
マユぷりはもちろんですが、先日ジュピターも連れて行ってみました♪

jupisc.jpg

…後姿で失礼しました。。。

ベルジアンシェパードは徐々に増えている犬種だと思いますが、トリミングに出すお宅はそんなにありません。
まぁ大型なので金額もかかりますし・・・

そんなわけで、先生たちも見たいというので連れて行ってみました。
犬の扱いに慣れた人ばかりの環境なので、以外にもすぐになついてリラックスムード


そんな学校での出来事です・・・


あるプードル男の子のカットをしていたとき、すぐ隣にプードル女の子がきました。
男の子は台から飛び降りんばかりのいきおいで、クゥ~ンクゥ~ンとラブコール

…なんと二人は同じお家のご夫婦犬。

1mくらい離れているだけなのに、男の子は嫁に夢中なんですね~
一方で嫁は全く無関心。
下手したら「うるさいわね~」と思っているのではないかという表情。。。

男のさがってやつ??


かくいう、ジュピターだってマユぷりのおしりを追いかけてますけどね


スポンサーサイト
人気ブログランキングへ

12 : 44 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
不妊手術
2010 / 09 / 09 ( Thu )
ブログをお休みしている間にライムを避妊手術したのはちょこっとお話しましたね

ライムはにゃんこなので少し違いますが、今日はわんこの不妊手術におけるメリット、デメリットについてです。。

・・・・難しそうな話題だ





オスもメスもそれぞれ手術をすると病気にかかりにくくなる、かからないなどのメリットがあることは有名です。
具体的には、オスでは肛門周囲腺腫になりにくくなりメスでは乳がんになりにくくなったり、子宮についての病気にはかからなくなります

もう1つ有名なメリットといえば、“大人しくなる”というもの。

このお話には賛否両論ありますね。
大人な部分をとってしまうので、わんこは子供に戻って甘えん坊になるとか思われがちです。
確かに大人しくなるわんこもいますが、その逆で“凶暴になる”こもいることをご存じでしょうか?

その理由として考えられているのが、「ホルモンバランスが崩れるため」です。


みなさんのところへ来たわんこは早くても生後1か月半くらいだと思います。
一番の成長期ですね。
この成長期にホルモンバランスを崩してしまうことは、成長になんらかの影響を与えると考えられています。
極端な話だと、骨格に問題が起こることもあるとか…

そして、大人しかったわんこを去勢したら凶暴になったという精神的な影響もしばしばあるそうです。


「手術は早い方がいい!」 というのはどこから出た噂なのか? 

もし手術をお考えなら、なるべく成長期を終えてから(生後1歳~)の手術をおすすめします。。

そらとぶライム^^


人気ブログランキングへ

11 : 05 | わんにゃん | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
整えました
2010 / 09 / 02 ( Thu )
トリミングの世界では、大体がグルーミング犬種とトリミング犬種に分けられています。

基本的に短毛種はグルーミング犬種と呼ばれ、カットをしない犬種を指すのですが、
実はシーズーやマルチーズ、ヨークシャーテリアなんかもこのグルーミング犬種に含まれます。

ピンと来た方いらっしゃるでしょうか?

上記の3犬種はドッグショーなどでは長い毛を床まで伸ばし、頭にリボンをつけていたりします。


そう、この3犬種は本来カットしない犬種なんですね 

他にもペキニーズとかラサアプソなど長毛だけどグルーミング犬種という種類は意外といますよ。


グルーミング犬種は本来カットしない犬種だから、あまりカットするとよろしくない。
とか、
総じて皮膚が弱い。
などという噂もありますが、実際のところどうなんだろう…?

完全にトリミング犬種であるプードルちゃんはバリカン負けする仔が以外と多く、
被毛の色によっても違うと長年トリマーをしている方に聞いたことがあります。

まぁ、カット犬種といってもバリカンは皮膚にあてるものですから、
刺激でやられちゃうんでしょうね。。

あくまでも時間短縮のためだし…

皮膚への影響が心配な場合は、トリマーさんに「ハサミ仕上げでお願いします」と言っていただければ
いいと思いますよ♪

バリカンに比べて時間がかかるので、その分わんちゃんには負担になるし、お金をプラス料金とるところもあるかもしれませんが。。




さてさて、時に我が家のベルジアンシェパードはもちろんグルーミング犬種で、カットする犬ではありません。
もちろんポメラニアンもそうです。

でも、清潔さを優先するとやっぱり要所要所カットしておくといいかもしれないですよね

↓ビフォー(3年前の写真…若いなぁ~



↓アフター




・・・あれ?
なんか別の犬みたいだ・・・


ま、まぁ、とにかく、どこらへんをカットしたかというと、

ふっさふさの襟巻とか


ボーボーの足、脇腹の飾り毛とか


ぼっさぼさのお尻毛



を、整えてみました。







・・・・・・・あんまりわからないですかね?


それでも、もともと荒毛のジュピターは毛玉でもないのにブラシが引っ掛かりやすくて大変でしたが、
ちょっと切っただけで、ずいぶんブラシをかけやすくなりました。

カットの目的は可愛くする以前に、お手入れをしやすくする!というのもありますから、
グルーミング犬種でもトリマーさんにご相談くださいね


人気ブログランキングへ

10 : 22 | ベルジアン・シェパード | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。