スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ

-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
わんこの服、着せる?着せない?
2010 / 08 / 20 ( Fri )
ぷりんにTシャツ(?)を着せてみました 



マユのだから、ちょっと大きいけど…



やっぱ変だぁ~ 


さてさて、、、

ぷりんのように被毛がゴージャスにある場合、洋服を着せると毛玉の原因になります。
なので、私は基本的におすすめしませんが、どうしても着せたいときはトリミングに出すときに、その旨をぜひトリマーさんにお伝えください。
多くのサロンでは、洋服を着せると毛玉になるような脇やお腹の毛を剃るか、梳いてくれるはずです。
飼い主さんに確認を取ってくれるようなサロンだと、なおいいですね~ 

では、毛の短いわんこは?

もともと短毛なわんこは特に問題はないと思われますが、全身またはボディーを丸刈りにしている場合。
シーズーちゃんやマルチーズちゃんなんかは多くいますが、その場合は逆に洋服を着せてあげて欲しいです。

手入れの手間が省けるからと、丸刈りにされる方が多いようですが、もともとはカットしない犬種なので、
そのままお散歩などすると、皮膚に直接紫外線をあびてしまい、シミの原因となります


それに、直接日光があたるということは、普通のわんこより夏場は厳しいと思います。

人でも頭のてっぺん(表面)はすごく熱くなっているけど、地肌のほうはそうでもない…
ということ、経験あると思います。
わんこも同じことがいえるので、ぷりんはよく「暑そうね~」などと言われますが、私は「マユのほうが暑いと思いますよ~」と心の中でつぶやいています。。

ということで、丸刈りにしているわんこは特に洋服を着せて、暑さと紫外線対策をしてあげてください 




スポンサーサイト
人気ブログランキングへ

09 : 50 | ポメラニアン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
にゃんこのブラッシング
2010 / 08 / 17 ( Tue )
特に長毛のにゃんこはブラッシングが必須ですよね。
でも、やらせてくれない…
そんなお家も多いと思います。

そんな中、うちのライムはブラッシングが大好きです。

おとなしいです♪

普段、膝に乗ってくることはありますが、ブラッシング以外では膝の上でお腹を見せたりはしません

手を離しても逃げません

大好きなので、いつまでもやってて欲しいみたいです…


写真にはコームが写っていますが、ライムはスリッカーも大好きなので、スリッカーを見せて呼ぶと膝の上に飛んできます。。
それくらいになってくれると、ブラッシングは楽にできますね
もちろん、ライムも最初から好きだったわけではありませんヨ。

ただ、にゃんこは本来自分のグルーミングをとても念入りにするので、ブラッシングを好きになるにゃんこはとても多いはず。


難しいことはないので、ぜひやってみてください。。


近くで座っているところで、ちょっと背中にコームをあててとかしてみる。

嫌がって逃げたら、深追いはしない。

また近くで座っていたら、背中にコームをあててとかしてみる。



これを何度か繰り返していると、だんだんコームに慣れてくるので、背中だけならやらせてくれるようになります。
何日もかけてじっくり慣らせてあげるといいですよ。

にゃんこは嫌なことは絶対に忘れないと言います。
近づいて来なくなったら困っちゃうので、毎回はやめて、たまに気が向いたときだけやるようにしましょう


背中をお勧めしているのは、普段なでられている場所であることと、毛玉が出来にくいところだから…
毛玉があって、引っかかったら気持ちよくないですからね
気持ちいいことだとわかってくれるまでは、背中をおすすめです♪

それから、ライムは最初からスリッカーで慣らせてしまいましたが、コームの方が抵抗が少ないにゃんこが多いようです。

短毛のにゃんこにおすすめなのはラバーブラシなのですが、接地面が大きいので、
やはりいきなりこれは嫌がられることが多いです。

まず、コームで気持ちいいことを教えてあげてから、ラバーブラシに切り替えてあげると成功率アップです


ブラッシングすることで、にゃんこの体も隅々までさわることができたりするので、
病気やケガの早期発見にもつながります。
毛玉が多いと皮膚疾患になることもあるので、マッサージも兼ねてブラッシングしてあげてください

お嬢様ですね^^;

ライム 気持ちいいにゃ~

人気ブログランキングへ

10 : 29 | 猫ねこネコ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
出入り禁止
2010 / 08 / 13 ( Fri )
ブログをお休みしていた間の出来事です。

以前『広いところ』というタイトルでご紹介した厚木基地隣の大きな公園。

公園の枠に沿って外周ロードがあり、内側は芝生や小さな川があるところですが、
この内側はわんこの出入りが禁止になりました

理由は

・犬の糞をそのままにしている飼い主がいる
・ノーリードで遊ばせている飼い主がいる
・芝生におしっこさせたら嫌

そんな感じでした。。

どれも犬を連れてきていない人の言い分をとったものばかりですが…

公園の管理者としては、この対応の早さに脱帽でしたが、突然のことだったので少々驚きました。
ノーリードの人がいるのは見かけていたので、「出入り禁止にならなきゃいいな~」とは思っていましたが、こんなにすぐ出禁になるとは… ←公園の紹介は1月、出禁になったのは3月です

それぞれのルールを守らない飼い主のせいで、ちゃんとルールを守っている人が迷惑を被るというのはもってのほかと思います。それに、出入り禁止になったことで自分たちだって困っているだろうと思うのですが。。。

そして、公園の管理者側にもちょっと問題はないのかな?と思いました。

出入り禁止を知らず、ジュピリーを芝生の上で遊ばせていたら、管理人さんが飛んできて
「芝生の上は犬駄目になったので、出てくださいね」と言われました。

ノーリードの人がいたときは誰も飛んでこなかったのに・・・・・・・

<散々注意喚起をしたにも関わらず、改善されなかった>

ということで、出入り禁止なら納得できますが、ほんとに突然の決定でした。
しかも、ほんとに広い公園で、わんちゃんも沢山お散歩に来ているのだから、
「犬用のスペース作ってくれればいいのに…」
とも思います。 ちょっと囲んでくれればいいだけなのに。。

実際、追い出しただけでは何の解決にもなっていないのではないかと。
追い出された飼い主側は、次はどこへ行けばいいか…
もっと双方に有益な解決方法があると思うのですが、そんなに難しいんですかね?

結局、ここがどうにかならないと、問題が他の公園に移るだけで、
永遠に解決していかないような気がします。

人気ブログランキングへ

11 : 05 | ベルジアン・シェパード | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ダニ・ノミ対策
2010 / 08 / 09 ( Mon )
夏に限ったことではありませんが、ダニ・ノミ対策はやっていますか?

外出させないにゃんこでも、ネコノミは人にくっついてきたりするので対策をしたほうがよいと思います。

でも!

にゃんこも、わんこもその時の状態によってはよろしくない場合があります。
それは、『免疫力』が落ちているときにダニ・ノミよけのお薬を皮膚に垂らすと・・・

かゆいらしい

ハゲます…       ←※注意:絶対ではありません。


病院でもらうようなフロントラインなんかだと、比較的どのわんにゃんでも大丈夫だったりするのですが、市販薬を使うとこうなってしまう場合は多々あります。(もちろん市販薬でも大丈夫な仔もいますよ♪)

でも、「病院で買ったから」といって油断すると、こんなことになってしまいます。。
これは完全に私のミス……ジジごめん

免疫力が落ちているかどうか、見極めるのは難しいかもしれませんが、
例えば「うんちがゆるめ」「元気がない」「皮膚に異常がある」など病院に行くほどでもないんだけど、
ちょっといつもとは違うかな~と思ったら、やめておいたほうがいいかもしれません。

ちなみにジジは耳にブチブチのニキビが出来ていて、ストレスによる免疫疾患と言われたばかりでした。。。


よくスポットタイプの薬には、ちょっと垂らしてみて数日間様子を見てから・・・・・・・というパッチテストをするようにという注意書きをしてあったりするのですが、あまりする人は少ないですよね ←やった方が絶対いいのですが…
しかも、前回は大丈夫だったから…ということもあるはず。

ジジも前回は大丈夫でした。で、前回ダメだったトトラは、今回なんともありません。。

『免疫力』

これがあれば、他の病気やウイルス、もともと持っているような病原菌の発症を抑えることができるので、
ぜひぜひ注意深く観察を


ちなみに、ダニやノミがついてしまったときに、専用のシャンプーがありますが、あまり頻繁に使いすぎないように注意してくださいね
ダニやノミを撃退するものと、殺虫目的のものがあるかと思いますが、皮膚には少々刺激が強いです。
低刺激のものもありますが、やはり皮膚がカサカサになってしまうこともあるので、どうしても…のときに使うようにしたほうが無難です




以前、リボン始めました…みたいな記事でぷっつりと更新がとだえたブログ…
あれから、コツコツとリボン作りに励み、大分上達したんですよ~ 

リボン各種
これでも男の子用です

上のバラはさすがに市販のものですが、あとはリボンとビーズをいろいろ組み合わせて作成しています。
どうでしょう??


これから、このリボンを使う機会が増えるといいな~

人気ブログランキングへ

09 : 49 | 猫ねこネコ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
猛暑
2010 / 08 / 03 ( Tue )
今年はとても暑い日が多く、わんにゃんにとっても大変な夏ですね

わんこは暑がりと思われていることが多いのですが、にゃんこはどうでしょうか?
日向ぼっこしているイメージが強いにゃんこ…
でも、やっぱり暑いことに変わりないようです

仲良しだなぁ~


我が家でもエアコンの下は大人気だったりします。

わんこは暑い時、ハァハァと大きな口を開けて呼吸をすることで熱を発散させ体温調節をしますが、にゃんこはそのような体温調節はしません。

どちらかというと、毛づくろいなどで自分の体を濡らし、熱を発散させて体温調節します

でも、わんこのようにハァハァと大きな口を開けて呼吸することもあるのです。
これはかなり暑いと思ってあげたほうがいいと思います。


ただ、この呼吸法が日常的にあるようなら、ちょっと病気の可能性があるので注意が必要です。
運動した後などにもハァハァ口を開けて呼吸していたら、病院へ行って診てもらってくださいね、念のため


人気ブログランキングへ

19 : 32 | 猫ねこネコ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。