スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ

-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
お腹のブラッシング
2009 / 01 / 24 ( Sat )
おまたせしました!
今日はリクエストアンサー第2段!!

1/8まろんさんからいただいたリクエストで

「にゃんこのお腹の毛玉ケア&ブラッシング方法は?」

をお届けします。

★注意:お腹のブラッシングを特に嫌がるにゃんこを対象にしていますので、
ブラッシングの大好きなにゃんこちゃんには、いつも通りのブラッシングをしてあげてください
 にこにこa

さてさて、いろいろと試してみましたが、何とかいけそうな方法をご紹介します ぺこっ

用意するものは、以前ご紹介した「毛玉取りくん」

毛玉取り

スリッカー、はさみ、コーム、そしてタオルかマフラーなど

まずにゃんこの前足の付け根部分をブラッシングしない方の手で握ります。
(親指と人差し指で片方の足を、中指、薬指、小指でもう片方の足を握ります。)



このとき、付け根により近いところで握るのがコツです。
関節部は握りにくいですし、はずれやすくなってしまいます。
関節よりも足先に近い方を握ると、安定感が悪いので
「これなら抜ける!」と思われて、暴れられてしまいます。

もしも、ご自分のにゃんこが足先に近いところを握られても逃げ出そうとしないようなら、
そのまま続けてもよいですが、毛玉にブラシが引っかかると痛いので
逃げ出さないように気をつけてくださいね 笑

足を握れたら、ポジショニングです。

犬の場合、安定感がある方が安心してやらせてくれるので、飼い主様がお腹をブラッシングする場合は膝の上に寝かせてやるのが一番なのですが、にゃんこの場合は安定感があると

“後ろ脚キーック パウ 

がゲシゲシ炸裂して危険なので、逆に安定感をなくしてしまいましょう。



こんな感じに立たせてしまいます。

この時に注意するのは、足を握りながら持ち上げすぎると、

にゃんこが自ら宙ぶらりんになって後ろ脚キックをしてきます 汗

持ち上げすぎない加減が第2のコツです。
後ろ脚が少し曲がっているくらいが目安かな。

後は前回と同じやり方でブラッシングしていきます。


………タオルは?

そうなんです。
もしも、足を握っている手をカジカジしてきたら、にゃんこの首にまいて(1周する必要はないですが)咬まれないように距離をとりましょう


握り方さえ上手くできれば、抱えてブラッシングすることも可能です。
その状態まで持ってこれれば、一番難しい「脇の下」も出来るようになります。

握った手から逃げられないようにだけ、少し強めに握らないといけませんが頑張ってください。
そして、一度でやろうとせずに時間は短めにしてあげてくださいね ういんく
こまめに毎日やる方が、にゃんこにとっても慣れる機会が増えるのでとっても良いと思います!

ぜひお試しください ぺこっ


人気ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログへ ←応援・声援・ご意見・ご感想もお待ちしています m(__)m

※自分の手をタオルでグルグル巻きにして…という方法が最もシンプルなのですが、
 ブラッシングのたびにタオルをボロボロにするのもどうかと思い、却下してみました。。


スポンサーサイト
人気ブログランキングへ

22 : 57 | グルーミング日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。